目的を考慮する|バレエ教室やフラメンコ教室に通おう~人気の習い事~

目的を考慮する

足を上げる人達

通いやすい教室の特徴

自宅から近い場所にあればあるほど、通うのは楽になります。交通に時間とコストがかかってしまうと、それが心理的な壁になって、いつしか通わなくなることも多いです。バレエ教室は数ヶ月通うだけではほとんど意味がありません。数年は通わなければなりませんから、とにかく自宅から近いということを理由に選んでも良いかもしれません。東京なら自宅近くで優秀な教室が見つけられる可能性が高いので、この点はあまり心配しなくていいでしょう。

目的をはっきりさせよう

バレエ教室に通うときには、自分が何のために通っているのかを明確にしておきましょう。プロを目指すなら、教室選びから慎重に行わなければいけません。ダイエットのためなら、地元のカルチャースクールのような教室でも問題はないでしょう。友達を作りたいという目的でバレエを始めたなら、自分と同じような人がたくさんいる教室を選ぶ必要があります。目的によっては通うべき教室も変わりますし、教えてもらうことの内容まで変わってきます。

先生との相性も大切

バレエに限りませんが、人から何かを教えてもらう場合には先生と生徒の相性は最重要事項となります。先生との相性が悪ければ、長続きもしにくいですし、万が一続いたとしても得られるものは少なくなってしまいます。きちんと信頼関係が結べそうかどうかを判断してから、教室選びはするように心がけましょう。バレエ教室なら大抵どこでも体験レッスンをしているはずなので、まずはそれに申し込みをして、先生との相性を確かめてみましょう。

バレエで習得したい技・ベスト5

no.1

回転技の代表であるピルエット

きれいな姿勢で回転をするのが、バレエの魅力の一つですよね。したがって、ピルエットはバレエ教室に行くならぜひとも覚えたい技の一つになります。基本的な回転技で、これさえできればバレエを知らない人にはすごいと思ってもらえることでしょう。

no.2

見栄えが美しいピケターン

ピケターンというのは、前進しつつその中でピルエットを連続して行う技のことです。ある程度のスペースは必要になりますが、これもバレエならではの動きになるので、知らない人にはアピールしやすいものだと言えます。

no.3

グランフェッテができれば上級者

白鳥の湖の中で登場するグランフェッテができれば、バレエ上級者と言ってもいいかもしれませんね。これも回転技になるのですが、片足を地面に付くことなく回り続けるので、非常に難易度が高いです。身体能力も鍛錬もどちらも求められる上級技です。

no.4

他のダンスでも使えるシェネ

シェネというのも、バレエを代表する有名な回転技です。両足を揃えた状態でポワントにし、回転を続けていきます。これも前進を伴うので、移動距離は割と長くなります。バレエ以外のダンスシーンでも有効活用できるので、覚えて損はない技の一つでしょう。

no.5

派手なジャンプ技のグランジュテ

グランジュテというのは、見た目も派手なジャンプ技になります。膝を曲げないままで足を振り上げるジャンプで、バレエ界を代表する動きです。全身にそれなりに筋肉がないとできない動きなので、これも相当に上級者向けですね。

広告募集中